大人の矯正歯科のメリットとリスク

>

矯正歯科を受けるタイミングを選ぼう

おすすめのタイミングとは

大人になって矯正歯科を受けるにはタイミングを計画しておくことも大切です。例えば数年以内に新たな門出を迎える予定があるというのなら、予定された時期よりも少なくても3年前からは矯正歯科を行うことをオススメします。もちろん急な門出というケースもあるでしょう。慌てて矯正歯科を受けるのは適切とはいえません。
矯正歯科は一定の期間を必要とするものです。ワイヤー矯正やマウスピース矯正以外にもセラミック矯正といった方法もありますが、装着すべきセラミックを作成する期間や設置後の調整なども必要です。
強制にかかる期間は長引くこともあります。3年で確実に矯正が終了する可能性も明確ではないことを念頭に、影響のない時期を選定することが大切です。

加齢から矯正歯科すべきタイミングもある

人の歯並びは、年齢を重ねることでも変化します。子供の頃にキレイな歯列だったという人も、年齢を重ねたことで歯列が動き、歯と歯が重なるところが生じることもあるのです。こうして歯列が動いているタイミングも矯正歯科にオススメです。
歯と歯が重なると、重なった点に汚れが溜まりやすくなります。汚れは虫歯や歯周病の大きな原因です。虫歯や歯周病を生まないためにはキレイな歯列であることが大切。歯と歯が重なった部分をもとに戻す矯正を受けることで、元のキレイな歯列に整えることができます。
ただし加齢によってお口の中の状態も変化します。歯周病や歯肉炎など発症している場合には矯正歯科が受けられません。将来的に見れば健康なお口は欠かせないもの。まずは歯医者さんに相談してみると良いでしょう。


このコラムをシェアする